黒五八白の捨て猫たち

答えのその先、深淵に入り込んだ言の葉達を、見境もなく捨てていきます。問うとすれば、それは人の探究心だけ。

【捨て猫】善と悪の中間子、MMR

 

善と悪を分かつもの

  

そもそも善ってなんだ悪ってなんだ

何をもって善を規定し悪を規定できるのか

 

 

少なくとも善も悪も一律的なものでなく、

極めて相対的に客観的に評価されたり感じられるもので、

自らが自らを善、悪であると言うことや人は少ないであろう。

 

自分は絶対的な善悪である、というのは、ラスボスぐらいだ。

 

ああ〜これは善だ、これは悪だと外からみて感じることはあっても、

君は善だ、君は悪だ、と言われたらそれは納得いかない。

 

つまり絶対的、あるいは主観的な善や悪は自らに宿り、

あんたの正義は何処にあるんだ?という感じで、

これが善だと悪だと信じて行動するものであるとする。

 

ちょっと待て、そもそも悪だと信じて行動する人はいるのであろうか。

 

善だと信じてやってきた行動が、

実は周りから悪に見られるということはある。

 

善≒悪

 

なるものは、一体どういうものなのであろうか。

 

例えば映画やアニメで、

二人が対決する場面があったとする。

 

一方は、恋人を守るために、

もう一方は、世界の平和を守るために

 

一方は、自分の記憶を守るために

もう一方は、すべての記憶を守るために、書き換えないために

 

根源的な対決の欲求や目的がそこにあったとして、

一方ともう一方を分かつもの、つまりどちらが一体、

善なのか悪なのか物語のストリー上そのような決定や判断をするとすると、

 

須らくそれは、もう一方だ。

 

なぜ、恋人を守ること自体素敵なことになるのに、

それよりすべてを守ろうとするものと相対すると、

それは時として悪に見えることがあるのか。

 

守ることの大小によって、あるいは範囲によって、

守るそれ自体は素晴らしいことなのに区別がつくのか。

 

社会に出るとたくさんの守ることがあるし想定される。

 

生命、精神、家族、恋人、友達、仲間、記憶、

世俗的には、地位やプライドやお金、肩書き、時間、記録

或いは、もしそこにあっとして己が信念。

 

もし、守る、MMRが、

最終的な善悪の二元を分かつのなら、

一体私は、何を守ることを捨て、何を最後に守るのだろう。

 

守ることを捨て、

何かに向かって突き進むことが美しいのか、

それは、自暴という妄想なのか、最終的には分からない。

 

正邪の行進は、歴史となって今日も続いていく。